まつゆうの想い

素材物語 まつゆうの素材へのこだわりとは?

サーモウール 暖かくてエコ

暖かさを保てて、光熱費が少なくて、そのうえエコな生活を探して。
お子さんや、ご家族の健康を大切に思うまつゆうはニュージーランド産の「羊の毛」を使ったふわふわなサーモウールという断熱材を使用しています。

羊毛はその特有の構造と繊維1本1本が縮れていて絡み合い、多くの空気層を持ちます。その乾いた空気を持つことで高い断熱性を持つことが出来るのです。
羊毛に空気清浄機能があるのは古くから良く知られています。「ホルムアルデヒド」や「二酸化炭素」を吸着し、浄化する事で再び放出しません。
羊毛は水ははじき、小さな粒子の水蒸気は吸収する性質を持っています。その羊毛とホローポリエステルのコンビで、気候に応じて調湿します。
天然ウールは難燃性が高いので、旅客機の床材や、消防服にも使われています。また、ウールを使い高性能な防音製品も発売されています。

サーモウールは、瑕疵保証がつきます。
万が一、問題などがあった場合にも、工事費など全ての費用が補償されるほど、家にも人にもやさしい断熱材なのです。
詳しくは株式会社 コスモプロジェクトのサイトをご覧下さい。

木で造る 〈季・気・喜〉を感じる

家を建てるなら、この日本に古くから伝わり、風土に合った《木でつくる》家をお勧めします。
木は大地の気と恵みを吸収して育ちます。
その木を職人が気持ちを込め、熟練の技を駆使して建てるからです。
現代の新しい技術の駆使した材料も進んでいますが、出来るだけ風土に合う材料を選びながら、家づくりをしたいと考えています。

無垢の内装材で家の中が癒しの空間に。

自然のものですから心地いい・・・・。
ほのかな木の香りがストレスを発散させてくれます。
木目は自然そのままです。

1つとして同じ模様は無く季節感を感じることの出来きます。
お子さんと一緒に眺めてみては。模様がいろいろな物に見てくるかも・・・・。

無垢の板は合板のフローリングに比べて保温性も高くて、冬場でも温かく感じます。「裸足で歩くと気持ちがいいんです」と喜んでいただいています。木肌からくる癒しの気のお陰か、足の裏の感触が全然違うそうですよ。

構造材も、もちろん無垢で。

『芯持ち』で軽くて丈夫なヒノキ柱を使いたい。
ヒノキは強い上に、甘くて、いい香がして、木肌も暖かく柔らかで気持ちがいいんです。
そして、梁材も含めて出来るだけ無垢材で施工したいと考えています。

やさしい素材 自然素材

珪藻土『ケイソウくん』

珪藻土『ケイソウくん』は、ホルムアルデヒドを吸着・分解し、再放散しない自然素材の壁材です。
珪藻土の小さな穴からシックハウスの原因であるホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質を吸着し、無害な物質に変えてくれます。

防蟻対策

『エコポロン』という、ホウ酸系の自然素材系防腐剤を防蟻剤として使用しています。
『エコポロン』は欧米や湿度の高いハワイでも一般的に使われ、揮発せずに半永久的に木材を守ってくれる優れものです。

ワックス『みつろう』

蜜蝋(みつろう)を主剤に絶妙なバランスで精製した100%自然成分の塗料です。
無塗装品に塗布すると、素材の杢目に塗料が染み込み鮮やかな表情を映し出してくれます。
防腐、防水、防虫、つや出し、保護に効果があります。